2010年05月24日

郵便・料金・A4を三つ折りにする封筒での

局がしまった後に、郵便物を出そうとすると料金に困ります。

意外と「50グラム」はどれくらいなのか分かりません。

そこで、メモ的に。

A4を三つ折りにする封筒では
軽ければ80円。25グラムだとか。

A4を三つ折りにする封筒に、
A4(コピー用)を7枚入れて
郵便料金を聞いたところ、90円、とのこと。
(つまり50グラム以下、で、25グラム以上)

大体、ちょっとした書類を送る分には、
A4で7枚と簡単な封筒(でもすけない程度の厚みのあるもの)で
90円でよいようです。

一つの目安にはなりますね。

それから、出版社からもらった雑誌を、
知人に送ろうとして、郵便料金を聞いたら
書籍のみの場合は安いそうです。

A4の封筒にいれて、厚さ5〜7ミリくらいのA4の雑誌を
おくったら290円でした。

ちなみに、書籍の場合は、その料金適用の条件として
綴じる前に局員さんに見せるか、一部のあいた封筒(たしかに
雑誌見本は送られてくるときに、封筒の一部が欠けているデザイン
だったりしますね)を使うといいそうです。

「A4三つ折りの封筒+A4コピー用紙7枚=90円」

これがわかれば、大体の場合は、迷うよりも、90円はっておけば
大丈夫な気がします。

なお、80円切手が沢山ある場合、重さが50グラムをいくらか超えているかも、という場合には、80円を二枚(160円分)はっておけば大体大丈夫でしょう。50グラムをこえると、定型外郵便になりますが、次の値段は140円ですので、カバーできそうです。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2010年3月30日、追記

定型内封筒(長形3号、内張りなし、やや集めの紙)に、
コピー用紙2枚、メモカード1枚(コレクトの情報カード)を
いれた場合は、重さは18〜19グラム。
この構成ならば、80円切手。

そこに情報カードを15枚のせてみた。
その結果重さは23グラム。これでも80円。

送付案内+請求書+封筒、であれば、80円でほぼいけると
考えておいてよさそうである。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2010年5月24日、追記

A4をクリアファイルに入れて、入れられる封筒(角型20号)の封筒に、A41枚、クリアファイルを1ついれて、送る場合は、120円。

A3の用紙を70枚、A4を40枚ぐらいいれた、A3サイズの入る特殊な厚紙封筒の場合は、普通郵便の送料が850円。(ただしかなり条件で変わりそうではある)
posted by 石井力重 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メソッド&ハウツー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32017197
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック